電子渡航認証(ETA)とは?

ビザ免除の対象となる外国人は、カナダの空港に飛行機で渡航またはトランジットで利用する場合、電子渡航認証が必要です。

ただし、陸上または海上よりカナダに入国する場合、ETAは不要です。さらに、米国市民や有効なカナダのビザを所持する旅行者など、ビザ免除の対象となる多くの外国人は、ETAの申請が必要ではありません。二重国籍者および永住者を含むカナダの国民は、ETAを申請することはできません。

ETAは、最長5年間、またはパスポートが期限切れになるまで(いずれかが先)有効です。新規のパスポートを取得した場合、新たにETAを申請する必要があります。ETAを取得すると、一度に6ヶ月まで、回数に制限なくカナダを訪問することができます。

ETAを申請する必要がある対象者

以下の国から訪れる旅行者は、ETAを申請する必要があります。

アンドラ、アンティグア・バーブーダ、オーストラリア、オーストリア、バハマ、バルバドス、ベルギー、イギリス国民 本国人、イギリス国民(海外)、イギリス海外市民(イギリスへ再入国可能)、イギリス属領市民(出生により市民権を所有)、アンギラ、バミューダ、英領バージン諸島、ケイマン諸島、フォークランド諸島(マルビナス)、ジブラルタル、モントセラト、ピトカーン島、セントヘレナ、タークス・カイコス諸島のイギリスの海外領土のうち一つにおける、相続、帰化、登録、またはイギリスに住む権利を持つイギリス人、ブルネイ・ダルサラーム、チリ、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、中華人民共和国の香港特別行政区(香港特別行政区が発行したパスポートが必要)、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イスラエル(イスラエルのパスポートが必要)、イタリア、日本、大韓民国、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、メキシコ、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、パプアニューギニア、ポーランド、ポルトガル、サモア、サンマリノ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、ソロモン諸島、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾(外務省が発行する通常のパスポートが必要)、バチカン市国(バチカンより発行されたパスポートまたは旅券が必要)。

カナダに入国するための要件

カナダへの旅行者は、以下の要件を満たす必要があります。

要件:

•パスポートなどの有効な旅券を所持していること。

•優良な健康状態。

•犯罪または移民関連の有罪判決がないこと。

•入国管理官に、母国に戻る理由となる、仕事、家、金融資産、家族などの関連性があることを納得させること。

•入国審査官に、訪問の終わりにカナダから出国する予定であると納得させること。

•滞在に必要な金額を所持すること(滞在期間や、ホテルに宿泊するか、友人や親戚の家に宿泊するかにより、必要な金額は異なる)。